2016. November

小物を制作。2016.11.26

DSC_0560.JPG

晴れ(相模原)

雪が降る前日あたりからまた一段と寒くなってます。

 

今年は冬キャンプデビューするぞ!と、

寒いのが苦手なのに意気込んでましたけど、急な冷え込みに心が折そう。

やっぱり冬は寒い。

 

DSC_0548.JPG

制作の様子。

 

DSC_0554.JPG

長財布。品番:C-021

 

DSC_0544.JPG

 

DSC_0547.JPG

二つ折り財布。品番:C-022

 

DSC_0556.JPG

ロングジップウォレットとインナーカードケース。品番:C-026/C-031

 

DSC_0542.JPG

長財布。品番:C-021

 

 affordance- 暮らしの革鞄と革小物

 

カバンと小物を制作。2016.11.18

 

晴れ(相模原)

今日もよか天気、でした。

端切れが溜まってきてます。

そろそろ使っていかなくては・・・と、思うこの頃。

(画像:へんな形の端切れが出たので思わず描きました。

1ヶ月くらい前に作りましたけど、まだお気に入りです。

桃から生まれた桃太郎、端切れから生まれたハギレくん。)

 

DSC_0524.JPG

制作の様子。

 

DSC_0528.JPG

名刺入れ/カードケース。品番:C-041

 

DSC_0529.JPG

ひも付パスケース。品番:C-017

 

DSC_0531.JPG

 

DSC_0539.JPG

ドローイング・2wayトート。品番:A-001-S

 

 

・新作のお知らせ

 

何度かブログにも書いていた、ショルダーバッグをHPにのせました。

 

新作:ドローイング・ポケットショルダーバッグ  

 

お時間ございましたら是非。

 

 affordance- 暮らしの革鞄と革小物

 

カバンの制作と宿題。2016.11.09

晴れのち雨(相模原)

おーさむっ。

熱い緑茶をすすってます。

 

特注)トートバッグ。品番:A-010-S

特注内容:サイズ変更。ひとまわり小さくしました。

 

 

革製品で時々お手伝いしているMAMNICKさんからの宿題。

Barbourでお馴染みの布地、オイルコットン。

オイルコットンといっても色々と種類があるそうですが、

こちらは昔ながらの製法で作られたオイルコットンとの事。

 

この布地と革を合わせてカバンを作っていきます。

名称の通りオイルで結構しっとりしていて、

このオイルが革にも染み込んでまた違った経年変化になるんじゃないかという楽しみもあるし、

見た目的にも素材同士の相性は良さそうです。

来年の春頃までには・・・完成。という雰囲気です。

 

この宿題のあれこれは随時ブログで更新していきます。

まずはお知らせまでで失礼して。

どろん。

 

 

 affordance- 暮らしの革鞄と革小物

 

affordance展終了しました。それと、鹿革について

曇り(相模原)

だいぶ寒くなってきてます。

 

さて、parqueさんでの展示も終了いたしました。

22日と最終日の2日間在店していましたが、

はじめましての方もお久しぶりだった方にも会えて良い機会となりました。

作ってるばっかりではいかんぞと思うこの頃。

皆々様どうもありがとうございました。

 

今回の展示では、新しく鹿革の商品も作りました。

あーだこーだとご案内できていませんでしたが、みなさん気にしてくれて作った甲斐がありました。

どうもありがとうございます。(うれ鹿った・・・です)

 

いまさらな感じもありますが、鹿革の事を少々。

今回使用した鹿革は野生の鹿です。

 

鹿はどんな草でも食べるそうで、草が豊富な時は良いのですが、

不足してきたり頭数が増えてくると牧草や田畑の作物も食べてしまいます。

それで現在は有害鳥獣に指定されていて、毎年何万頭も駆除されているそうです。

その多くが有効活用の道がなく、埋められています。

そういう現状を良い方向へ持って行こうと、各地で有効活用の取り組みがされていて、

その中の一人でもある井野さんという方に今回はお願い致しました。

 

井野さんは狩猟免許をお持ちで、自ら銃を持って山に入る事もあるそうです。

命の無駄をなくしていきたいという気持ちから、井野さんが中心となり

2013年にけもかわプロジェクトを立ち上げられています。

 

まだしっかりお話を聞けてないので、適当な事は言えないのですが、

目の前の現状を受け止めて、それを当たり前な事として動かれてるような印象があって、

使ってみたいと思いました。

商品を作る上で素材の良し悪しはとても大きな要素ですが、

それを超えたところで何か良い物になって行くんじゃないかという思いから今回の鹿革商品となりました。

 

下記HPリンクします。

けもかわプロジェクト

 

自分で使えてないので、また何か形にしたいなと思います。

 

 

 affordance- 暮らしの革鞄と革小物