2018. August

革の加工。2018.08.31

 

晴れ(相模原)

 

ラジオでは夏の終わりを感じる曲が選曲されてますが、

今日もやっぱり暑い一日でした。

 

 

画像は、革の加工をお願いしている現場。

主に、漉きと裏処理をお願いしております。

 

・漉き(スキ):革を薄くする

affordanceでは3種類の厚みの革を使っています。

1番薄い革は小物や小さなパーツに使用。

ある程度厚みのある革はカバンなどに使っています。この厚みがメインの革です。

そして、厚口。これは強度が必要な場所/負荷がかかる場所に使っています。

(カバンの持ち手/ショルダー紐など)

 

・裏処理

革の裏面を革くずが出にくいように、熱プレスして整えてもらっています。

 

 

IMG_1893.jpg

これは革の大きさを測る機械。

 

IMG_1892.jpg

これは革を薄くする機械。

画像では確認できませんが、革が出てきている下には、

薄くするための大きな刃が付いていて、その刃を研ぎながら作業していました。

そのため常に火花が出ています。

 

「よくボヤになるんだよー!ガハハハー!」

と作業してる方が大笑いしながら教えてくれました。。。。。

 

笑えない。(笑)

笑えないけど、小せえことは気にしねぇんだ!という、そのてやんでぇな感じは頼り甲斐があります。

火事にはご用心。ですよ。

 

 

先日書いたブログの革屋さんもそうですが、

affordanceの革は色々な方の手を通ってやってきてるんだとあらためて感じているこの頃です。

以前はこういう工程も問屋さんが持っていってやってくれてたので、ご挨拶できて良い機会になりました。

 

 

 

  affordance – 革鞄と革小物と、アジのある暮らし –

 

 

 

変わった事。2018.08.29

IMG_1409.jpg

晴れのち曇り(相模原)

 

2つ前のブログで少し変わった事があります。と書きました。

 

その変わった事は、革。

つまり素材の仕入れ場所を新たに開拓しています。

ここ1年半ほどはその新たな革屋さんに作ってもらっています。

 

今までは問屋さんを介してやり取りしていましたが、

新たな革屋さんとは直接やり取りしています。この点も変わった事です。

 

 

 

IMG_1404 2.jpg

挨拶に伺った時の何枚か写真撮りました。

 

IMG_1400.jpg

 

IMG_1407.jpg

 

IMG_1399 2.jpg

 

IMG_1403 2.jpg

 

直接やり取りできているので細かな点も相談してより良い革を研究していきたいと思っています。

外国の革も良いでしょうが、日本の職人さんが作る革も色味/質感/技術、勝る点はあっても劣る点はないかと思います。

職人さんは良い革を作ってます!

 

ここの職人さんが作っていきたい革/得意な革と、affordanceが作りたい革を上手く擦り合わせて作っていきたいと思ってます。

 

  affordance – 革鞄と革小物と、アジのある暮らし –

 

 

 

お知らせ。2018.08.24

imagegrey.jpg

晴れのち曇り(相模原)

 

昨晩の台風、幸いにも特に影響なくでしたが、雨風は強かったですね、、、

(台風なのでそりゃそうなんですけど、寝不足気味)

 

さて、昨年秋口に新色としてグレーを作りましたが、おかげさまで好評です。

どうもありがとうございます!

同じ型でもグレーで作ると垢抜けて見えて、どこか都会な雰囲気があって気に入ってます。

 

それで、HPには掲載できておりませんでしたが、

この度グレーの画像を追加しております。

お時間ごいざましたら是非ご覧くださいませ。

 

a001grey.JPG

ドローイング2wayトート

 

a007tg.JPG

つまみショツダーバッグ

 

c020022021g.JPG

二つ折り財布・長財布。

 

c030g.JPG

mushi (小銭入れ)

 

まだ掲載できていない商品/使用後の様子などもありますが、随時追加していきます。

 

 

  affordance – 革鞄と革小物と、アジのある暮らし –

 

 

平成最後の夏。2018.08.18

晴れ(相模原)

 

昨日今日とだいぶ暑さ和らいでいます。

というか、涼しい。

随分久しぶりに涼しさを感じれて良い気分です。

 

あぁ、幸せ。

 

これで異常に暑かった夏も終わりか、、、なんて期待を込めながら天気予報を確認しましたところ、

21日頃からまた暑さ戻ってくるようですね。。。トホホ

 

でも、秋の気配もなんとなく感じますし、暑さもそう長くは続かないでしょう。

 

平成最後の夏。

平成で最後の夏なんだと思えば、暑さも少しは楽しめるのかも。

(この暑さだけは来年以降ご勘弁)

 

 

制作した物。

ブルーグリーンで作りました。

スリッパ

品番:C-007

 

二つ折り財布。

 

左から、品番:C-020 / C-022

 

 

  affordance – 革鞄と革小物と、アジのある暮らし –